www.margaritamanfl.com

外為の経験がない方がFXの肝心なところを見つけるには最初に学習を繰り返すことが不可欠です。特に、事前に危険性を予期するようにするためにはへまを積むことも体験のひとつです。当然、マイナスになるといっても再起できないほど大きな間違いをする事は出来ません。小さいケアレスミスを数回経験することが結果的に自分の経験値を高めてくれるはずです。それを考えると、まずは少額で取引を行いここで何回か小さな損をすることをおすすめする。ひとつの例として、100万円だけしか投資資金がない人が、はじめから100万円を全額投じて取引すると、負けた時、今後元に戻せない不安があります。そうであるならば、仮に資金の1割ずつ小分けして売買してそれでトレードを積んだ方が、着実に負けを埋め合わせる手法なども学習していくはずです。まずはじめにわずかな額でトレードする事の利点は先ほど書いたように、己の経験値を増やし損を管理する技術を覚える事にありますが売り買いの回数を多くする事で偶然を減らす事ができるというメリットもある。1回あたりのエントリーで利益を上げられる確率が5割だと考えます。すなわち、同じ確率で損するリスクもあるということになります。勝率50%ということは2回に1回の割合で利益が上げられる事を現しています。ですが、全財産を使って1回こっきりの勝負をするということは、100%の勝ちか、100%の負けかの片方になってしまいます。それでは1回だけの賭博と同じです。それは全てを賭けて1回しか勝負しないと大損する割合が高まります。これを避けるために、投資するお金を1回に全部つぎ込むのではなく、少額ずつ分けて、チャンスを積み重ねる事がリスクコントロールとなります。ただ少しずつ分けたとしても、すべてに利益を出す事は不可欠ではありません。正しく言うと、勝てないのが現実です。取引で重要なのは勝ち負けの回数ではなく、どれほど稼ぐかです。勝率5割でも、例えば3割でも稼ぐ事は出来ます。それ以上負けてもその損益が小さければ、わずかな勝ちの儲けだけでかなり稼げます。そのためには、損を小さく、利益を大きくを心がけることだ。損失が出たら間髪を入れず損切り注文して稼げる状況ではなるべく大きく儲けることが、FX投資ビギナーがFX投資で成功する神髄です。

コンテンツメニュー