一番効果のある手段はこの他にはありえません

どこにでもあるはじめたばかりの人向けの外為取引のテキストでは「損失が生じたケースではナンピンをすることでポジションの平均をコストを小さくする事が出来る」等書かれていますが、現実にはこれには相当大きな引っ掛けがあると思います。新生銀行レイクの特徴

はじめに、ナンピンの手法についてとても簡単に説明しておきます。疲労回復 サプリメント

仮に1ドル100円でドルを買ったとします。メールレディ ファム

$(ドル)買いのため、ドル高に向うほど黒字が出ますが運悪く1ドル95円まで円高が進んでしまった。しまうまプリント 口コミ

この場面で持ち続けたとしたら、プラスになるためには、マイナス分円安に向わなければなりません。電子たばこ 妊娠中

赤字は出来るだけ早く戻したいと思います。太陽光発電 失敗

この状況を変えるためはじめに売買したのと同額分の$(ドル)を1ドル=95円で買います。恋活アプリ アイル

すると、全体の買い付け単価は97円50銭まで抑える事が出来ます。http://xn--eck3ayaq0c6b6lnc1de.xyz/

2円50銭の幅で円安ドル高に向えば赤字を回復できます。エルセーヌ 目指せ!-8cmやせる体験

それが、ナンピン買いの仕組みです。スリムビューティハウスのフェイシャルコースはよくばり美顔コースを予約申込み

このような、ナンピン買いの理屈を知ると「ごもっとも」と考えたりするが、外国為替市場はそう容易には問屋を卸しません。

元々、1ドル=95円が下値だということなど誰にも想像できません。

たとえば、マーケットがかなりの円高ドル安地合だとすれば、95円では止まることなく、より一層円高にいく危険性があります。

仮定として、1ドル97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず1ドル95円まで円高になっとしたならば、ナンピンした分についても、損が生まれることになってしまいます。

その状態では、初めに持ったポジションと合わさって損を被ります。

このように、ナンピンは厄介です。

では、為替相場が自分自身の筋書きとは別の方向にすぐに向ってしまった場合いかなる術で危険を軽減すればいいのでしょうか。

そこで選択できる手段は2つ。

まずひとつめは潔くあきらめて、損切りをすること。

別の方法としては、今現在、あなたが保持しているポジションを縮小することによって改めて相場がリカバリするのを大人しく待つ事です。

ずいぶん消極的な対策だとみる人もいるだろう。

しかし、ポジションに差損が生じた時、一番効果のある手段はこの他にはありえません。

なるほど、考え方としてはナンピンする方法も効果的です。

しかしナンピンはあなたが損失を披っているのに買いポジションを減少させるどころか反対にポジションを買い増していく考え方です。

この考え方では、危機を削減することなど、どう考えても不可能だと思うべきです。

ナンピン買いを続ける事ができれば最終的には利益を上げられるかもしれません。

だが、そうなる前に投資資金はマイナスになってしまいます。

コンテンツメニュー